• 青森でシマノをこよなく愛するアングラーのブログです!!

2020年5月31日(土) サラミング

今回はテクビイカ狙いのサラミングです。

午前11時から釣行開始しました。

ポイントに着くと
正面から風が吹いていたので
風に向かってキャストしました。

そこまで強い風ではありませんでしたが
少し釣りにくい状況でした。

しかし、アタリはありませんでした。

周りにもテクビイカを狙っている人たちがいました。
しかし、釣れている様子はなく
そろそろ終わり始めていて
厳しい状況のようです。

それでも粘っていましたが
やっぱりアタリはありませんでした。

そこで、イカ針に糸おもりを足して
ボトムまできっちり攻められるように
チューニングしました。

重くなった分、風を切り裂いて飛んで行ったので
飛距離が出ました。

そして、ボトムまで
しっかりと攻めることができました。

しかし、それでもアタリがなく
まだ回遊して来ないのかと待っていました。

すると、目の前のボトムでフォールさせると
グイーと引っ張っていきました。

合わせるとようやくヒットしました。

待ちに待ったテクビイカです。
ようやく釣れてくれました。

ようやく回遊してきたようで
安心しました。

次からはボトムをべったり狙いました。
しかし、沖を狙っているときは
全くアタリはありませんでした。

目の前まで来るとようやくヒットしました。

どうやら目の前のボトムを回遊しているようでした。

ようやくテクビイカのいる場所が
分かり始めてきました。

周りでもポツリポツリと
釣れ始めていたので
回遊に当たりましたね。

今度は手前を集中的に狙うために
あまり遠くにキャストせずに
手前を丹念に攻めました。

しかし、手前で釣れるはずなのに
アタリはありませんでした。

それでも粘りましたが
アタリはありませんでした。

そこで、またフルキャストして
沖から手前まで丹念に狙いました。

沖ではアタリすらありませんでしたが
手前まで来てから
ボトムを攻めるとヒットしました。

やはり釣れたのは手前のボトムでした。
おそらくある程度沖から追ってきて
手前で釣れているという感じでした。

この予想から常にフルキャストは必須ですね。

そこで沖からゆっくりと誘い
手前で掛けるという釣りをしました。


すると、テクビイカもこの攻めに気付いたのか
手前で釣れなくなりました。

それでも粘っていると
フルキャストしてボトムに着いてから
リフトするとすぐにヒットしました。

今度は沖のボトムで釣れました。

テクビイカは回遊しているので
狙い打つのが大変ですね。

すると、アタリがぱったりと無くなりました。

テクビイカも釣られまいと
逃げてしまったようです。

そこで場を休ませるためにも
少し休憩しました。

周りを見てみると
やはり周りも渋い状況のようでした。

キャストしてはちょっと休憩と繰り返していると
周りで1杯上がりました。

また回遊してきたのかと狙うと
手前でヒットしました。

久しぶりに釣った感が出ました。

釣れなくなってから
ようやく回遊してきてくれたので
ホッとしましたね。

そして、すぐにキャストすると
手前に来る前にヒットしました。

すぐに釣れたので
やっぱり群れが回遊してきたみたいですね。

ここで今回は午後2時半に終了しました。

今回の釣果は
テクビイカ 6杯 でした。

今回は群れにうまく当たり
テクビイカを釣ることができました。

この調子で数を釣っていきたいんですが
終盤戦なので厳しいかもしれませんね。

次回も頑張っていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA