• 青森でシマノをこよなく愛するアングラーのブログです!!

2020年6月1日(月) サラミング

今回はサラミングです。

午後1時から釣行開始しました。

ポイントに着くと
正面から風が吹いていました。

釣りができないほどの風ではありませんでしたが
釣りにくい状況でした。

しかも、風のせいか
手前に海藻などのゴミが打ち寄せていました。

ゴミを躱してキャストしましたが
流れてくるゴミの量が多かったので
苦労しました。

それでも、なんとか粘りましたが
アタリは全くありませんでした。

しかも、風も強かったので
心が折られそうになりました。

そこで、ポイントを少し移動しました。

あまり釣れないのか
人があまりいないポイントに着きました。

手前にゴミが流れてきていないので
釣りはしやすそうでした。

しかし、アタリはありませんでした。

かなり厳しい状況でしたが
なんとか粘りました。

しばらくはアタリもない状況でしたが
あえて表層を狙ってみるとヒットしました。

ようやく釣れてくれました。
粘りに粘って釣れたので
嬉しすぎて写真を撮るのを忘れました。

この表層にいる群れを逃すわけにはいかないので
すぐにキャストして狙いました。

すると、やはり表層でヒットしました。

今度は忘れずに写真を撮りました。

表層に群れが回遊してきてくれたおかげで
釣ることができました。

さらに、追加しようとしましたが
今度はアタリすらありませんでした。

その次のキャストでもアタリがなかったので
レンジを変えてみました。

しかし、やはりアタリはありませんでした。

すぐに群れが回遊してしまったようです。

それでもしっかりとパターンにハマったので
短時間に起きたことですが
すっきりしました。

次に回遊してくるであろう群れのために
ボトムを探りながら待ちました。

しかし、次の群れはなかなか回遊して来ず
待っている時間だけが過ぎていきました。

もし先に2杯テクビイカが釣れてなかったら
確実に心が折れてましたね。

そんなことを考えながら釣りをしていると
ボトムでグイーと引っ張られるアタリがあり
合わせるとヒットしました。

ようやくまた回遊してきてくれたようです。

またこの群れを逃すわけにはいかないので
すぐにキャストしました。

しかし、ボトムではアタリがありませんでした。
少しずつレンジを上げていきましたが
アタリはありませんでした。

どうやらお一人様だったようでした。

そこから少し粘りましたが
アタリすらなかったので
今回は午後4時に終了しました。

今回の釣果は
テクビイカ 3杯でした。

1杯目の写真を撮り忘れたので
集合写真を撮りました。

今回は風とゴミに悩まされ
厳しい釣りになってしましました。

自然が相手なのでこんな日もあるので
次回はいっぱい釣りたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA