• 青森でシマノをこよなく愛するアングラーのブログです!!

2020年6月3日(水) ショアキャスティング

今回は今年初のサーフヒラメを狙いに
遠征しました。

午前4時から釣行開始しました。

ポイントに到着すると
風は弱いんですが
波が高く、うねりが入っていました。

また、砂が巻き上げられて
かなり濁りが入っていました。

それでも、せっかく遠征して来ているので
まずはヒラメミノー SR 150Sで
近場のポイントを狙ってみました。

うねりが強いせいで
ストップ&ゴーで誘っても
止めたときに沈まず
流されてしまいました。

そこで、ただ巻きで狙いました。

ただ巻きで狙っても流れが強いせいで
キャストした方向よりも
かなり右に流されていました。

それでも、アピール力はあるので
粘ってキャストし続けました。

しかし、青物からの反応すら得られないので
メタルドライブ 38gで
広範囲を狙ってみました。

ミノーにバイトしない魚も
ワームの魅力に魅せらて
バイトして来ないか期待しました。

それなりに重さもあるので
ボトムをリフト&フォールで誘いました。

しかし、やはり流れが強く
回収すると右から来ました。

これではダメなので
ただ巻きで誘いました。

今回はうねりが強いので
全てただ巻きで狙ったほうがいいですね。

ただ巻きで粘りましたが
アタリはありませんでした。

そこで、さらに広範囲を狙うために
スピンビーム TGでボトムを攻めました。

さすがメタルジグということで
着水点が分からないくらい飛距離が出ました。

ただ巻きで狙いましたが
アタリはありませんでした。

離岸流のあるポイントをラン&ガンしましたが
アタリはなく厳しい状況でした。

しばらく粘りましたが
アタリすら無かったので
ここでターゲットをシーバスに変えて
汽水域の河口ポイントへ移動しました。

今までたまにシーバスを狙ってきましたが
しっかりとしたポイントで狙うのは
初めてでした。

水は濁っていましたが
シーバスの警戒心が薄れて
きっと釣れると信じてキャスト開始しました。

すると、すぐに対岸でボイルが始まりました。

どうやら岸にベイトを追い込んで
捕食しているようです。

なんとか届かせようとしましたが
さすがに対岸までは届きませんでした。

それでも、狙っていると
チェイスしてきました。

目の前で銀色の魚が見えると
足元で反転してバシャッと水を掛けられました。

かなりビックリしたので
1人で叫んでしまいました。

1人でいたので良かったですね。

次は汽水域の方を広範囲に狙ってみました。

思った以上に水深が浅く
レスポンダー 109Fでもボトムに触るくらいでした。

さすがに浅すぎるので
河口へ戻りました。

しかし、ボイルが終わってからは
魚っ気が無くなってしまいました。

ここで今回は午前9時に終了しました。

今回はサーフはうねりが強く
厳しい状態でした。

しかし、初めて入るポイントで
シーバスの存在を確認することができました。

このシーバスを釣ってみたいという気持ちになり
楽しく釣りをすることができました。

次こそは釣ってやりたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA