• 青森でシマノをこよなく愛するアングラーのブログです!!

2020年7月10日(金) ライトゲーム

今回は梅雨時期に久しぶりに晴れたので
確実に釣れるポイントで
魚種を問わずにライトゲームをしました。

午後2時半から釣行開始しました。

磯場のシャローエリアを攻めました。
手前から5m~6m先で水深が深くなるので
このブレイクを狙ってみました。

このブレイクの水深は深くても1mくらいなので
スフェーラヘッド 2g+モモアジの
ジグヘッド+ワームで攻めてみました。

まずはボトムをとらずに
着水してからすぐにリトリーブして
表層を攻めました。

すると、水面がモヤモヤして
何かが追って来ました。

目の前の水深20cmもないようなところで
ヒットしました。

チビガヤでした。
しかし、久しぶり釣った魚だったので
引きは楽しめませんでしたが嬉しかったです。

やはり、サイズは出ませんが
魚はしっかりいるポイントですね。
しかも、何匹も追いかけてきて
バイトしてきたようだったので
数もいっぱいいそうな感じでした。

このガヤと同じ要領で
表層をリトリーブして攻めると
連続ヒットしました。

チビメバルも混じって
楽しくなってきました。

この調子で数を伸ばそうとしていると
手前の水深20cmのところで
ライズが始まりました。

そこで、スフェーラヘッド 1g+スローダイバーの
ジグヘッド+ワームで
シャローを根掛かりさせないように狙いました。

ライズしている先へキャストして
中を通してきました。

すると、すぐにヒットしました。

やはりライズしている魚をヒットさせるのは
楽しいですね。

まだライズしているので
また狙ってみるとヒットしました。

サイズは出なくても
数が釣れるので楽しいですね。

ここでライズが無くなり
海が静かになってきました。
それでもシャローの表層を狙うとヒットしました。

今までと違う引きで明らかにサイズアップした重さで
ドラグを出されながら寄せてきました。

根もあるので根ズレに注意しながら
なんとか釣り上げることができました。

20cm程度ですが
このポイントで釣れるサイズとは思わなかったので
嬉しかったですね。

写真を撮っていると
水面がキラキラし始めました。

よく見てみると3cmくらいのイワシでした。
何かに追われている様子もなく
ただ足元の岸際を回遊しているだけのようでした。

すると、突然ナブラが起きました。
イワシが追われているようなので
すぐにキャストして狙ってみると
ヒットしました。

正体はチビサバでした。
サバがいるならと
ライズショット 37Fに変えて
表層を狙ってみました。

チビサバですが
しっかり青物だったので
すぐに回遊してしまったようです。

そこで、ブレイクラインを狙うと
すぐにヒットしました。

ミノーでしっかりメバルが釣れたのは
嬉しかったですね。

ここで今回は午後5時に終了しました。

今回の釣果は
メバル 15匹
ガヤ  14匹
サバ  1匹 でした。

今回は大きな魚を釣るよりも
楽しく釣れる釣りになりました。

久しぶりの釣りで楽しくできたので
次回も楽しく釣りをしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA